PROFILE

Eiko Usami

自己紹介: 東京でグラフィックデザイナー、イラストレーターとしてフリーで活動しています。
ホームページは一応ありますが、いまは主にブログで活動の報告をしていますので、見ていただけるとうれしいです。
ボードゲームふくめ、作家活動されてる方のブランディングデザインもやっています。(ロゴや名刺、冊子のデザイン、梱包用品、サイトなどなど、お手伝いできることがあればなんでも)「ものを作りたい」という情熱のお手伝いが出来るとすごく楽しいしうれしいです。

ずっとゲームを楽しむ側にいるんだと思っていましたが、気づいたら作る側にいました。そのおかげでこの展覧会に参加出来てうれしいです。ゲームの良さ、おもしろさ、遊びやすさを手助けするデザインを心がけるのはもちろんですが、かわいいから買う、かっこいいから買う、と手にしてもらえたらうれしいなあと思いながら作っています。ゲームが自然にみんなのそばにあるようになるといいなと思うので、そのために出来ることがあればどんどんやっていきたいです。

ホームページ: http://lunokhod.net/
ブログ: http://blog.lunokhod.net/
Twitter: @ecoluno

 

今後の予定: いくつか進行中だったりお話しいただいていたりするので、近いうちにお知らせできることがありそうです。

 

Work introduction

「このゲームはこんな気持ちになるゲームだよ」という切り口で、そのゲームの良さを伝えてみたいと思いました。どんなふうな楽しさがあるとか、どんな瞬間がいちばんわくわくするとか、あるいは私自身どんなところにわくわくしたか、ということを、ポスターという形で表現したいと思います。

嘘つき村の人狼
嘘つき村の人狼
うそつきばかり
うそつきばかり
HYKE
HYKE
アダムとイブ
アダムとイブ

Creation games

展示ゲームのマークについて ★:会期中試遊可能 ☆:イベントのみ試遊可能 ●:会期中頒布 ○:イベントのみ頒布

タイトル: 欧州伝承推理ゲーム『嘘つき村の人狼』
プロデューサー: 渡辺 範明
ディレクター: 船木 大郎
世界観コンセプト: 真城 七子

 

人狼を大人数で遊ぼうというイベントです。家族制やオリジナルの職業、嘘つき村の村人になったかのような演出など、このイベントならではの仕組みをたくさん用意しています。

タイトル: HYKE 
ゲームジャンル: 五・七・五 コミュニケーションゲーム
ゲームデザイン: 渡辺 範明 原案: 真城 七子
プレイ人数: 4〜8人
プレイ時間: 20〜30分
対象年齢: 8才以上

 

俳句を詠み、それがどんなテーマで読まれたものなのかを当て合います。すぐに当てられても、誰にも伝わらなくても点数にならないので、ひとひねりするのがポイント。創造性豊かなゲームです。

タイトル: アダムとイヴ
ゲームジャンル: 心理洞察カードゲーム
ゲームデザイン: 渡辺 範明 原案: 真城 七子
プレイ人数: 2人(複数パッケージで3〜6人)
プレイ時間: 5〜30分
対象年齢: 10才以上

 

男女に分かれて、おたがいの手元のカードの役を同じにできると点数になるのですが、その手札について言葉にしてはいけません。手札を交換するときの捨て札で、相手がなにを考えているのか推察し合います。まるで会話をしているようなゲームです。

タイトル: うそつきばかり
ゲームデザイン: 篠原遊戯重工
プレイ人数: 3〜6人
プレイ時間: 10〜20分
対象年齢: 6歳以上

 

チップが入ったふたつの袋があります。どちらのふくろにより多くのチップが入っているかを、ふくろの中身を見ずに当てるゲームです。しかも他の人がふくろを手に持って比べている様子からそれを当てなければなりません。彼/彼女たちの言っていることは果たして正しいのでしょうか?